こんにちは、つれ子です。

20代のうちに基本情報技術者と応用情報技術者の試験に合格する人は多いですが、ネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリストなどの高度試験は元々受験者数が少ないのに加えて、平均年齢も30代半ばから40歳くらいになっています。

しかしながら30代になってから取得するよりも20代で取得する方が圧倒的に合格する意味がある、といえます。

その理由は以下の3点です。

  1. 継続的に勉強する習慣がつく
  1. 新しい仕事にアサインされやすくなる
  2. 転職に有利になるなる

まず一つ目ですが、30代で高度試験の1つ目を合格している人は基本的にそれまで試験の勉強を継続的にしていなかった人と考えられます。なぜなら継続的に試験勉強をしているのであれば20代で合格しているはずだからです。もちろんある程度の素養が必要になるのでかなり勉強していても合格できない人がいることは理解できますが、勉強して30代で合格できるのなら20代で合格しているんじゃないか、と思うのです。

「20代で合格している人は継続的に勉強している人」という話になってしまいましたが、20代で合格を目指して勉強すると継続的に勉強するようになるんじゃないかなと思います。


2番目は顕著です。やはり資格を取っておくとその資格を生かしたアサインされやすくなります。
誤解なきように言っておくと、資格をとると仕事ができるようになる訳ではありません。

私自身、ネットワークスペシャリストを取得しているからということで新しくネットワーク系の仕事にアサインされました。新たな顧客ということで社内でも重要なプロジェクトだったのですが抜てきされました。

しかしながら資格は持っていても基礎知識しか分からない状態なので新しい仕事に四苦八苦しましたが、その仕事にアサインされたのは資格を取っていたおかげです。

これは30代であればマネジメントだったり実際の業務の評価が優先されるので資格を取っていたとしてもあまり効果はなかったと思います。

最後に転職活動です。最近のキャリア採用では資格を重視しない、という話も出ていますが、もともと経歴が少ない20代にとっては高度試験合格の印ろうは結構強力だと思います。

1つ目の話と被りますが、少なくとも勉強家だと思われるでしょう。

逆に30代でとっても20代でとるよりは効果は薄いといえます。経歴がびっしり描かれている中では資格はおまけ程度になると思います。

以上の3点から、高度試験は20代でとっておくべきと言えるでしょう。